洗面所の床材なんて大して考えなかった・・・

 

室内の床材はそれなりに考えましたが(もちろん標準から選んだけど^^;)、洗面所の床材は何も考えずに標準を選んだような気がします。ちなみに洗面所とトイレの床は同じものがつかわれています。

 

↓この床です(2階のトイレの床)
2階のトイレの床材

 

 

ところがこの床が問題アリでして・・・。

 

当時の仕様書を見ても、室内の床材はわかるのですが、洗面所の床材の種類は記載を見つけることが出来ないため、どこのメーカーのなんという種類のものかわかりません。

 

で、何が問題かというと床材の表面コーティングが剥がれてきてしまうことなんです。

 

もともとは2階のトイレの床のようなきれいな状態でしたが、今ではアチコチはげてしまって薄いグレーになってしまっています…。

 

↓お風呂あがりに体を拭く位置はこんな状態に・・・
1階の洗面所の床材のハゲた状態

 

最初は拭き掃除をすると雑巾に何かキラキラしたものがついてきて「子供が外からつけてきた砂か何かかな?」と思っていたんです。でもそのうち、掃除するといつもこのキラキラがついてくるな?と気が付き、どうやら塗装のハゲだとわかりました。

 

入居後2年目あたりから徐々にはげだした感じです。

 

洗面所やトイレは湿気の多いところですし、そういうことを考えて作られている床材が入っているものだと思っていたんですが…。

 

当初、クッションフロアみたいな床材にしたかったんですが、別にオプション料金がかかるということだったし、だったら標準のでいいか〜ってどんな床材なのかまで調べずに決めてしまったんですよね^^;

 

これは失敗したな〜と後悔しきりです・・・。
毎日使う場所だけに目について気になります。

 

これから新築される方は、ぜひ洗面所の床材は標準仕様のものがあるなら調べてチェックをして、耐水性のあるものをしっかり選んでくださいね。

スポンサードリンク