トイレの便器の選び方を勉強しておくべきでした…

 

2007年当時、埼玉県民共済住宅の標準仕様のものは、
TOTOウォッシュレットZJ1・CS393B TCF9133LEとINAXシャワートイレ GBC-870SXU DT-163XU
の2種類がありました。

 

タンクレスもいいなぁ〜と少し思ったのですが、流す時の勢いがちょっと弱いとか停電時は流せないということを知り、だったらこの2機種から選べばいいか〜くらいにしか考えなかったんです。

 

そして便器のウラの形が掃除しやすそうなTOTOを選びました。

 

↓こういうふうに便器のウラが違っていた
TOTOとINAXのトイレ便器のウラ比較

 

初めてのウォッシュレットで、入居当初はルンルン気分で使っていたのですが…。

 

 

トイレの便器は掃除の仕方を考えて選ぶべきだった…

 

シャワーノズルや便器を布で拭いたりして手入れしていたんですが、使っているうちになんだかニオイが気になってきたんです。

 

脱臭機能のフィルターも洗っているのにどうして?と思って、よくよく観察してみたら、シャワーノズルを収納する周辺に黒い汚れがついているのが見えました!おそらく汚物と水が少しずつ飛んで付着したのが溜まってしまっていたのだと思います…。

 

100円ショップでストローの中を掃除する細いブラシを買ってきて、隙間に入れて黒い汚れをかき出すと取れる取れる!ヒエ〜!ってくらいに汚れが溜まっていました(-_-;)

 

ところがこれだけではまだニオイがとれない・・・。

 

他にどこについているの?と思ったら、便器と便座の間に汚れが溜まっている様子。

 

古ガーゼにアルコールを染み込ませて隙間に入れて、左右から動かして拭いて、古ガーゼを抜き取ってみると尿の汚れらしきものがくっついてきました・・・。この作業を何回も繰り返して、ようやく古ガーゼに汚れがつかなくなったところで掃除終了。

 

夫と息子には、このことを話して家のトイレでは座って用をたすように頼みましたが無視されました・・・。だったら飛ばすなよ!だったら自分で掃除しろよ!って思うんですがヽ(`Д´)ノ

 

この問題。
せめて一体型でなかったら、便器と便座の隙間の汚れはウォッシュレット本体をカパッとはずして拭き掃除すれば簡単だったはず。

 

でも一体型だからはずせない作りになっているんですよ(T_T)

 

ただシャワーノズルの方は、便座がはずせても同じことだとは思いますが・・・。

 

そもそもシャワーノズルのほうも、なんでこんな形状にしたのだか疑問です。こんなところに隙間があったら、汚れが溜まっていくのは想定できるのでは?

 

というわけで、ぜひみなさんにはシャワーノズル付近の掃除がしやすく、いざウォッシュレットが壊れたらそこだけカパッとはずして交換できる分割タイプのものをオススメします・・・。

 

ちなみに親戚の家がリフォームの際に、パナソニックのアラウーノというトイレにしました。汚れがつきにくく、便器の外側の掃除もしやすい形でとても良いとのこと。

 

 

↓いろいろなタイプがありますがこれは手洗い付き

タンクレスタイプのアラウーノもあります。

 

従来の陶器製ではなく、新素材を使って汚れがつきにくい便器になっているのがアラウーノの最大の特徴です。

 

私も次のトイレはぜひアラウーノにしようと思っています!!!

スポンサードリンク